「あっ!またやった・・」繰り返すぎっくり腰を予防する3つのストレッチ

こんにちは!未病リハビリセンターハレル野芥店院長の真野です。

本日もブログをご覧いただきありがとございます。

本日は、ぎっくり腰の方向けの予防ストレッチをご紹介していきます。

〈目次〉

1、ハムストリングスと大殿筋のストレッチ

2、腰背部ストレッチ

3、スパイラルラインのストレッチ

 

○ストレッチのポイント

※ストレッチは、深呼吸をしながらリラックスして行いましょう。

※一つのストレッチは30秒以上かけ、3回繰り返すといいでしょう。

1、ハムストリングスと大殿筋のストレッチ

ハムストリングスと大殿筋のストレッチは一連の流れで行っていきます。

【ハムストリングス】

1.床へ仰向けへ寝ます

2.足の膝裏を両手で抱え持ち、胸の方へ引き寄せます。

3.太ももの裏側がグーっと伸びてきます。

※膝は極力曲げないように

※反対側は力を抜きリラックス

【大殿筋】

1.次に、膝を折りたたみ膝を下から押さえ胸に引き寄せます。

これを左右交互に繰り返します。

 

2、腰背部ストレッチ

ハムストリングスと大殿筋のストレッチが終わった後、続けて行っていきます。

1.床へ仰向けへ寝ます。

2.両足を胸の方へグーっと抱え込みます。

背中がグーっと伸びていることを確認しましょう。

3.抱え込んだまま30秒以上キープします。深呼吸をしてリラックスしましょう。

3、スパイラルラインのストレッチ

腰背部のストレッチが終わった後に、続けて行っていきます。

1.床へ仰向けになり大の字で寝ます。

2.一側下肢を上げ、対側へ足を回します。

※ゆっくり大きく回しましょう。

3.足がついたところでそのまま30秒以上キープします。深呼吸をしてリラックスしましょう。

4.続いて反対側を行います。左右に交互3回ずつ行いましょう。

※体が回らずきつい方は、両足膝立の状態から左右に倒すだけでも大丈夫ですので無理のない範囲で行ってください。

追伸

未病リハビリセンターハレルでは 毎月多くの患者様に通院していただいております。

その一方で福岡市ではまだまだ腰痛の患者様が多くいて、必要のない手術をすすめられている、手術をしたが全く改善しない、デスクワークが出来ない、立ち仕事がつらい、朝起きるのが苦手だといった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。

それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。

「このままで良いわけがない」

もしも、あなたが

「この痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう

「このまま痛みやしびれでちゃんと歩けなかったらどうしよう

といった不安な気持ちを持っておられるのであれば

そんな時こそ、未病リハビリセンターハレル諸岡店にお越しください。

あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。

私の技術はそんなあなたのためにあるのです。

未病リハビリセンターハレル野芥店で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい!

慢性腰痛を本気で根本から治したい方はこちらをクリック!

慢性腰痛を本気で根本から治したいあなたへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください